炎症が起きる原因

整形に関するあれこれ

炎症が起きる原因

炎症が起きる原因 外国人のように「目鼻立ちのはっきりした顔になりたい」という人に人気なのが鼻の整形です。
高さを変えたり、鼻筋を通すことでコンプレックスを解消することもできます。
手術をすることで人生を変えることもできるのですが、中には、術後のトラブルに悩まされる人も多くいます。
術後のトラブルとして報告されているのが、鼻の整形をした後で炎症が起こることですが、原因として考えられるのは、シリコンプロテーゼなどの器具を入れることで、体の中では異物が混入することによって拒絶反応がおこっていることです。
本来の体には存在しない人工的なモノだからです。
それが炎症という形で現れるのですが、数日から一週間ぐらいはそのような症状がおこることは仕方がありません。
しかし、一定の期間を過ぎてもこの症状が続く場合には、何らかのトラブルが原因となっている場合が多いので、いち早く、手術を受けた病院やクリニックを受診して処置をしてもらいましょう。

鼻を整形した後の傷はどうなるのでしょうか?

鼻を整形した後の傷はどうなるのでしょうか? 鼻というのは顔の真ん中にあるのでその存在感や形で他の人に与える印象が変わってきます。自分の鼻が気に入らなくて整形手術をすることを考えたとき、手術後の傷はどうなるのかとても気になるものです。日本人に多い悩みとしては幅の広い鼻先を整えたいというものがあります。その場合の皮膚切開の方法には穴の内側切開するクローズ法というものと鼻柱を横切る皮膚切開も加えて先端までめくりあげて行うオープン法というものの2つの方法を選べます。
オープン法は医師にとってやり易い方法なのでこの方法を好んで行う医師もいますが傷跡が残る可能性があります。一方クローズ法の場合は中から行っているので他人から見てその整形の痕は全くわかりません。全体を高くしたいといとうときに最も効果的なのはプロテーゼ法です。これはプロテーゼと呼ばれる人間に軟骨に近いシリコンを用いて行われる方法です。この場合も内側からプロテーゼを挿入するので目立つということはありません。