鼻の整形手術のときの全身麻酔

整形に関するあれこれ

鼻の整形手術のときの全身麻酔

鼻の整形手術のときの全身麻酔 鼻の整形を行う場合どんな「麻酔」をされるのかが気になっている方も多いかもしれません。なお、「鼻」のような小さな対象であってもすべての手術を「局所」で済ますことはできません。希望する手術内容によっては局所で済ます場合もありますが全身に麻酔を施す場合もある点には注意が必要です。
手術を受ける病院によってその詳細な対応は異なりますが基本的に可能な限り「局所」で対応する傾向にあります。これは全身にその薬を効かせてしまうと述語にだるさや吐き気がでてしまうことがあるためです。また、リカバリーまでの時間が「局所」で済ました場合に比べて非常に長い点もデメリットと言えるでしょう。一方で完全に鎮静された状態で手術を受けることができるので術中のことは何も覚えていないのがその最大のメリットです。恐怖心の強い方にとってはこの点は大きな魅力と感じるのではないでしょうか。ご自身の苦手と感じる点を執刀するお医者さんによく相談してから術内容を決めるのがおすすめです。

鼻の整形手術は手術後のケアも大切

鼻の整形手術は手術後のケアも大切 鼻の整形手術をする場合、手術後のケアも大切です。鼻の手術は高くしたり、先をとがらせたり、穴の大きさを変えるなどいくつかの手術があり、ヒアルロン酸を注入するなど簡単にできる手術もあります。
鼻の内側から手術を行う場合、手術後は腫れたり黒ずみが出るなどの症状があります。腫れた場合には冷たいタオルなどを当てて冷やすとある程度改善していきます。黒ずみは時間の経過と共に解消していきますが、気になるようにであれば医師に相談すると良いです。
術後は激しい運動は避けることが必要で、1ヵ月間程度は強い衝撃があると危険もあるため、運動以外でも衝撃を与えないように行動することが大切です。また術後3日間程度はアルコールは控え、手術の方法によっては術後1週間程度で抜糸を行います。
鼻の整形手術は信頼できる病院で行うことはもちろんですが、手術を受ける前に安全な面のみではなくデメリットや術後のケア方法などもしっかりと説明してくれる病院やクリニックを選ぶことも大切なことです。