最新の整形情報まとめ

整形に関するあれこれ

鼻の整形の痛みはどのくらい続く?

鼻の整形の痛みはどのくらい続く? 鼻の整形手術に欠かせないプロテーゼですが、この手術は痛みや失敗のリスクもあるといわれています。
プロテーゼで鼻の整形を行なうと、痛いと感じる期間は2日間ほど続きます。
鼻プロテーゼ手術を受けると、じんじんとした痛みが広がりますが、大抵は術後に痛み止めを処方してくれるクリニックが多いので、医師の処方通りに痛み止めを服用すれば痛みを緩和させることができます。
通常であれば3日ほど痛みが続き、その後は自然と痛みが引き始めるといわれていますが、その痛みが長く続く場合や尋常でない痛みの場合は注意が必要です。
我慢してその痛みを放っておくと大変なことが起こるかもしれないので、すぐにクリニックに受信することが大切です。
鼻プロテーゼの痛みを放置すると、皮膚が薄くなることで変色したり、プロテーゼが皮膚を突き破り飛び出すことがあります。
このようなリスクを避けるためにも、ちょっとした異常に敏感に対処することが大切です。

鼻を整形することで腫れてしまう期間について

鼻を整形することで腫れてしまう期間について 日本に住んでいる人のほとんどが、自分の顔のパーツに対して自信がないと答えています。
中でも最も嫌いだと答える部分でランキングの上位に入ってくる部位が鼻なのです。
医療技術が進歩している現在では、いつでも整形によって鼻の高さを変える事だってできます。
しかし本体持って生まれてきた部位をメスで変えるわけですから、当然デメリットも存在はします。
それは術後に鼻が腫れてしまうということです。
皮膚に刃物を入れて、シリコンなどの医療器具を使うことでて変形させるわけですから、当然と言えば当然なのかもしれません。
その期間も人それぞれで全く違うのですが、短い人でも一週間くらいは腫れたままになります。
これでも回復力が早い人のほうなんです。
長い人であれば1ヶ月くらいそのままになってしまう人だって実際には存在します。
そんな事にならないためには、行くべきクリニックをしっかりと吟味することです。
医師の技術によって全く違いますよ。